2009年07月10日

ビルより「ISO14001」と「Cool biz」について。

サーキュレーターほしいなあ。
社会人になり早9年くらい経ったbillですが、その頃から疑問に思っていた話です。
「ISO14001」と「Cool biz」について。

※知らない人はぐぐってくださいm(_ _)m
【Google】
http://www.google.co.jp/

それらには目的はあり、やる意味もあるが、「効果はあるのか??」が疑問でした。


先ずはISO14001ですが、これを取得している会社はたくさんあり、普及率は中々のものでしょう。
また、それを取得してない会社とは取引を行わないという会社もあります。

ただし、実際に目的の「環境改善」に繋がっているのか?答えは「NO」。(billの周りに限る?)
↓のようなものが現実だと思います。

・割付にして両面刷りにする
→ 見難くて読まなくなる → 無駄 → 環境に良くない
もしくは 「両面に出来なかったから印刷し直す」 → 無駄(ry

・冷暖房の温度
→ 28度にしている箇所は見たことない
もしくは「ビル備え付けの冷暖房が上げ下げ調整が出来ない」
もしくは「調整幅が大き過ぎて、寒いか暑いしかない」


次はCool bizですが、これに至ってはもう語るに及ばずでしょう。
過去にCool bizを謳っていた会社は2割程度で、内容も実際は「ネクタイを外す」程度です。


あとは愚痴になるので割愛しますが(笑)、結論だけ申しますと、
ISOを謳うなら「審査を厳しくする。審査後も抜き打ちで観にいく」
国が謳うなら「法律で施行する。Cool bizってない会社及び人は逮捕」
とかにすると環境に良いと思います。


だれかがそんな法案出してたら投票するのに、と思う今日この頃です。
仕事場(あと一月)は今日も寒いです。

次回は…新メンバーが居たと思ったのですが名前が出てこないので、
任命権をガッチュリーダーに委任しますm(_ _)m
居ない?居なかったら、さっちゃんにお願いしていいですか?


posted by E-Koto at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

ぬまより 「エコアイテムいろいろ」

「サーキュレーター」
室内の上下の空気をかきまぜ、効率よく空気を循環させる「空気循環機」。一見ただの扇風機ですが、扇風機のようなマイコン制御や首振り機能のないシンプルなものがほとんどです。
エアコンと併用することで、夏は床にたまった冷房の空気を、冬は天井にたまった暖かい空気を部屋全体に循環させ、室温のムラを解消させます。エアコンを通常よりも弱い設定で使用することができ、省電力につながります。
夏場冬場はエアコンの電気代が家庭の電気代のうち6〜7割を占めると言われているので、ぜひサーキュレーター導入でエアコン電気代を抑えましょう!
価格は扇風機より安いか、同程度。海外製含め、各社からオシャレなものが出ているのでインテリアにもどうぞ。個人的に、アキオさんの家にはあるんじゃないかと思っています。デザイン的に。


「エコケトル」
必要な量のお湯だけを沸かすことができるのが、エコケトル。
貯水用と湯沸し用の2層タンク構造になっていて、使いたい分だけ沸かすことが出来ます。必要量だけを沸かすから、湯沸しがスピーディー。カップ1杯分なら約90秒で沸かすことができ、余分な電力も使わないから省エネも実現できます。
普通のポットで1リットル沸かしたけど、結局コーヒー1杯しか飲まなかった、なんて事ありませんか?
エコケトルで、時間と電気、水も節約まとめて節約しちゃいましょう!価格は1万円くらいで、こちらも色々とオシャレなものがあります。これは河村家に必要な気がします。胃袋練的に。


「エネループ用ソーラー充電器」
エネループはライトの単三電池用として、ぼくら自転車乗りの間でもかなりメジャーになってきました。
さらに省エネを追求したのが、エネループ用のソーラー充電器。
価格は単三eneloopが4本付属するセットで2万円くらい、またソーラー充電器本体内のリチウムバッテリーをフル充電するのに6日間かかるとハードルがちょい高めですが、今後の技術進歩でより使い勝手の良いモノになっていくでしょう。ちなみにソーラー充電器本体がフル充電の状態で、単三エネループ4本が300分でフル充電できるようです。


「省エネ電球」
これはひろちんが以前導入例として紹介していましたね。
なのでここでは割愛しますが、あるダイニングバーでは店内照明を全てLEDにする事で消費電力の大幅削減をしつつ、ムードある雰囲気の演出に成功した、なんて話も聞きます。
これからは商業施設でもそういった地道な省エネが加速していくのでしょう。ちなみにそのお店はうちの会社で手がけ、環境省から省エネ表彰を受けているようです。

と、流行りモノ系でいくつか紹介してみました。
値段がちょっと高めなのが難点ですが、電器店に行ったついでにでも、ちょっとチェックしてみて下さい〜。


最後に!
これからクーラーがマブダチなる季節です。
そこで必ずやってほしいのが、エアコンフィルターの掃除!!
埃がたくさん詰まっていて、大変なパワーロスになっちゃってることがよくあります。

パワーロス→必要以上に高強度で運転→電気無駄食いとなってしまうので、ぜひフィルターチェックを!
簡単に外せて、シャワーで水かけて埃を落とし、天気の良い日に乾かしておけばOKです。殺菌にもなります。

次は新しい翼を手に入れて意気揚々のbillさん、宜しくお願いします!


posted by E-Koto at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

サトウより『最近のサトウ家のブーム』

 今回ご紹介するのは、そんなセカンド倶楽部を卒業する時に「勝利の美酒」になるであろうお酒の話です。

 サトウ家では3年前のぬか漬けブーム、一昨年の自家製ヨーグルトブームがありましたが、今年は自家製果実酒ブームが到来しつつあります。

 今回は果実酒といえば定番の「梅酒」に加え、ヤマモモの実を漬けております。

 ちなみにこのヤマモモは私が勤める福祉施設の庭にヤマモモの木が成っており、いつもその実の処分に困っているとの声があったのでエコの意味も含めてもらってまいりましたw

 さて、このヤマモモの実は赤く表面がザラザラ、食べてみますと甘ずっぱい味がし、中にかなり大きな硬いタネがはいっています

 果実酒以外にもジャム等の材料に使われることも多く、また樹皮は打撲やねんざ,下痢止めの治療に使われたり,染料になったりしているそうです。

 ちなみにヤマモモ酒の作り方は至って簡単で、水洗いしたヤマモモの実の水気をしっかり取った後に容器に入れ、角砂糖を投入。その容器に焼酎やホワイトリカーを入れ、約2ヶ月保存。
 お酒が熟成されたらヤマモモを取り出して完成です。

 ヤマモモ酒は滋養強壮・健胃・冷え性・整腸作用に効果があるとされています。


 さて、2ヶ月後のJCRC日本CSCで優勝して、このヤマモモ酒を勝利の美酒として酔いしれてみたいものですね〜♪

 次回は、ヤマモモ酒のツマミとして自家製燻製を提供してくれるぬまさんにバトンをお渡しします!!
posted by E-Koto at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

みさっちより 入院中に思った電気のお話

皆さん、お久しぶりです。骨折入院していたみさっちです。

骨折入院中に思ったのが、各医療機器等に電気を使用しています。私達の日常生活においても様々な電化製品を使用しています。


今回は、私達の生活に必要な電気の話を簡単にさせて頂きます。

海外のアイスランドでは、日本と同じく資源が乏しいため自然のエネルギーを利用して発電を行なっています。利用されている自然エネルギーは風力と地熱で国全体の電力を賄う事が可能です。

また、スイスでは太陽光発電が盛んに行なわれ、電気自動車の充電施設が整備され一般的に広く普及されています。

日本でも青森県東通村周辺では、地形と気象条件を生かし風力発電が行なわれ、九州の阿蘇周辺では火山の地熱を利用した発電が研究されています。一般家庭には国が補助し、太陽光発電の推奨をしています。この太陽光発電は初期投資がやや割高ですが、将来的な電気代や環境面を考えれば、安い(?)投資だと思います。

このように自然のエネルギーを利用した発電であれば、環境にも優しく継続的に利用できますが、一番の節約は、付けたら消すの精神で無駄な電力を使わない一人一人の心掛けなのかもしれませんね。


次回は介護界のブラック・ジャックことサトウさん、よろしくお願いします
posted by E-Koto at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

カメより 「大航海ECO」

エコと呼ぶかはわかりませんが、大きく捉えて環境の話!
仕事で携わる船の話です。

船は何百年前から世界中を駆け巡り、大陸から大陸へと様々な物資を輸送してきました。
けれど、運ばれるのは貨物だけでなく、海洋生物も同時に運ばれてしまうのです。
貨物が空のとき、バランスをとるため船底のタンクには何万トンもの海水を張って航行します。
この水は港について荷物を積むときに排出されます。
つまり、何万トンもの海水と海洋生物が遥か遠くから運ばれてくるので、生態系への影響が非常に問題になりました。

そこで、世界的な規則が定められ、タンクに張る海水は、一度大洋の真ん中で入れ替えなければならなくなりました。
また数年後には、タンク中の微生物を処理する装置をつけないと、自由に海を航行できなくなるようです。
我が社としてはお金がかかって大変ですが…(笑)、未来への環境作りのため!
しっかり対応をすすめております。


さて次は…、みさっちさん。病院からのECOをお願いします。
早く全快してください。
posted by E-Koto at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

ガッチュより「鹿児島で見たもの」

ガッチュです。

カイチさんよりまわってきました。これで一周しました。
メンバーのみなさん色々といいお話ありがとう。

さてさて、僕のエコ話ですが。
水にまつわるお話。

5年前に
カメと一緒に自転車で日本縦断をしたときのお話をします。
この旅はECOについてそこまで真剣に考えていなかったものの

ECOに関係する方たちと深く出会い
そして今尚かなり影響をうけています。
そして、E-koto LIFEもきっと誕生しなかったことでしょう。

エコ徒歩縦断を行った金澤夫妻
箸を売りながら日本縦断を行ったフジ

彼らの熱い想いはカメと私に深く刻まれています。

さて、その旅のゴール前に出会ったひとつのECOがあります。
そのとき、かめのじいちゃんの家に泊まりましたが
台風の直撃を受け足止めをくらいました。
雨漏りがすごく、戸はガタガタ近くは海
本場の台風は本格的でかなりやばいものでした。

台風が去り、さわやかな潮風が吹いている中、男性の身長と同じくらいの大きな白いプラスチックの物体が道路に落ち、割れていました。

何故こんな物が。庭にほったらかしてあったのかなあ。危険だなあ・・・・と思ったのですが

カメに聞いてみると
これは、屋根の上につけるものであるということ
どうやら、これに水が入っていて、太陽熱であたためて、お風呂とかにつかうとのこと。なるほどこれなら確かに暖かいし、ガスなどを使わなくても済む。昔ながらの家はこういう風にECOをしていたのかと思いました。家に関する節約の知恵ってすごいですね。

これをインターネットで調べてみたら、太陽熱温水器っていう名前がヒットされました。でも結構おおがかかり。でもこのときであった物はそんなおおそれたものじゃない。

ECOを推進している人の家庭での取り組みを見ていると
家の外にタンクをおき、太陽光であたため、それをお風呂や
食器洗いに使っているとのこと。

このことちょっとやってみようかなと最近思っています。

それにしてもあの壊れた太陽熱温水器(名前があっているのかようわからん)はあの後どうなっているのかな。まさかゴミとして海へ流れていってしまったのか。

さて、次回はカメにバトンタッチです。

よろしくね。


posted by E-Koto at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

カイチより 「シンプルなライフスタイル」

ロシアのデートクラブから会社宛にデートのお誘いメールが来て慌てている
シマダカイチ@Team Liberta NRです。

みなさまこんにちわ。

Ecoですか、ふむふむ。
寄稿させて頂くにあたって、皆様のご意見を読み直してみました。
08年の11月からリレーブログという形で
Ecoにまつわるショートストーリーをつないでいるんですね。

素晴らしいじゃないですか。
単なるレーシングクラブではない、E-koto lifeの趣旨をよく表していますね。

そこで、僕も自分の行動と指針を振り返ってみましたが、
残念ながら、僕には皆様に御紹介できるような事は一つもありません。
それどころか、心の奥底では、
なんだか「偽善的」じゃあないかなどと思っていたりもするのです。

結局は企業の経済活動の一助であったり、
国家的な利権確保の為に、森林保有国が歴史的に犠牲になっていたり。
Co2の排出規制なんかも、そもそも発展しきった国家のエゴじゃないかと思ったり。

綺麗ごと言ってるけど、結局のところ、
みんな最終的には快楽を優先させてるんじゃないのか?と。

そんな僕が考えていること。
せっかくの機会ですから、長文を失礼して、
しばらく皆様にお付き合い頂くことにしましょう。

僕が自転車競技を始める前、もちろんLibertaもなく、
E-kotoの皆様の人生とも交差していない期間、僕はサーフィンに熱中していました。
サーフィンが人に与える影響は絶大です。

僕がサーフをしていた数年間、様々な美しい体験、恐ろしい体験をしました。
死を自分のすぐ側に感じることで、逆に生きることに感謝をしたり、
誰もいない冬に、波に揺られながら、燃えるような朝日をながめたり。

そういった体験を続けているうちに、多くの人がそうであるように、
僕もまたシンプルなライフスタイル、
自然と対峙するのではなく、その一部分になることを自然に求めていきました。
経済(物質)至上主義、マスメディア、広告媒体との決別。
生活と意識はよりシンプルに、そしてゆったりとしていきました。

TVを見ることをやめ、外食を避け、食事を作り、野菜を中心とした食事を取るように。


下らない流行、大量消費的な生活に対する嫌悪感が増していました。

そんな頃、ちょうどフィットしていたのが、皆様ご存知のジャック・ジョンソンです。


01年「Brushfire Fairytales」03年「On and On 」にて成功を決定付けた彼は、
瞬く間に世界中をギター1本で温かく変えていきました。
声高にではなく、あくまで静かに。

Calm and Chillingね。


そんな彼が、消費社会や物質主義について歌った曲を御紹介したいと思います。
この曲が一番、彼の主張をストレートに表現していると思います。

曲は「Gone」ジャック・ジョンソンです。
http://www.youtube.com/watch?v=63XFJnk-Nzk

 And cars and phones and diamond rings
 Bling, bling
 Those are only removable things
 And what about your mind
 Does it shine?

車とか携帯とか、ダイヤの指輪とかさ、
キラキラと豪華なもんだよね。
でもこれって、結局どっかいっちゃう物じゃんか。
それに比べてさ、君たちの心はちゃんと輝いてるのかな?

僕がEcoについて言えるのは、こんなどうでもいい話。
読んでくれた人の一人でも、今日の夕食時にTVを消して、
音楽に耳を傾け、親しい友人や家族との時間を過ごしてくれたら嬉しいです。
(ちょっと良いビオワインの赤なんかを飲みながらね)

ちなみに最新アルバム「Sleep Through the Static」は
彼のプライベートスタジオ(ハウス)にて、全て太陽光発電で電力をまかなって
制作されました。
ジャケットなんかも全てEco対応だったはず。

Ecoフレンドリーな観点から購入物を決める人にはもってこいですねw

次回は・・・ガッチュサンにお任せします〜
posted by E-Koto at 23:01| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

まっち→より 「ディズニーランドのケース」

セレブな裏ストイックりんこさんからバトンをもらいました。
最近仲間に入れてもらった、まっち→(はる)です。
どうぞよろしく。

「エコ」。。
様々な自治体での取り組み、企業での取り組みが日々新聞・テレビなどを賑わしている。
エコについて考えていて、ある遊戯施設の事がふと気になった。
東京ディズニーランド(/シー):以下「TDL」(/「TDS」) である。
なぜ気になったかというと、、、(えーっと、最近行ってないので自分が行きたいっていうのもあるw)
TDLはテーマ性が強く万人に夢を与える所。家族やカップル、修学旅行生もそうだし、もちろん、からだに障害を持った大人子供にも快適さを感じさせ、夢を与える。
例えば、食べ物の摂取が困難で、ペースト状のものしか食べられない小児麻痺の子供が、レストランでミキサー食を食べる事ができる。専用のレトルト食品が温めてもらえる。乗り物へは車椅子専用の乗り場から楽に移動して乗れる。こういう配慮をしている。

園内はいつも綺麗で徹底していて、スタッフ教育もいい。バリアフリーの配慮もある。表面上完璧。でも、じゃあ、裏は。。?ここなら、エコの配慮も重視されているのでは。。?

これが私の気になった理由。
毎年1700万人が利用、日量18トンの可燃ごみが出ているTDL。オープン当初は焼却炉を1基パークの裏側に設置して処理していたようだが、今となっては限界がありTDL内のごみ処理は高性能焼却炉を持つ浦安市のクリーンセンターで処理している。オリエンタル社は、ごみ量の削減、有害素材の自主規制、再生品の導入推進の3つを掲げ、3年間で25%の減量を目指して平成11年度から実施して平成14年度には25%の減量達成を見込んで、ほぼ達成されたという。

ゴミは考えられている。じゃあ、パレードの電気や冷暖房に関しては??
TDSに関しては、コージェネレーションシステム【Co(共同の)Generation(発生)】というものを最初から導入し、ひとつのエネルギーから複数のエネルギー(電気・熱など)を取り出すシステムによってTDS内の年間消費電力の20%を賄っているとの事。

ここには書ききれない程の環境対策がなされている。
環境対策が経営戦略の一つである事は免れない。でも夢を与えるこの大きなテーマパークは、経営や利益が絡んでいるとしても裏の面でも徹底している事がわかった。

これは企業の話だったけど、、
個人が、ゴミやエネルギー資源に配慮して、何パーセント努力できてどのくらいのコスト削減がなされたか、環境対策がどれほどなされたか、目標・達成度などの目にみえた指標はない。でも、企業努力とは違うけれど、私たちが個人レベルでどこまで考え、実行し、習慣化できるかという事は、大きなKeyである事を実感した。

主旨が多方面に渡りました。
@TDLはエコも徹底してる!裏舞台も貪欲!←テーマパークのあるべき経営戦略?
A企業や団体でない、個人レベルでエコを考えて実行する大切さ難しさ。

エコについて考えるいいきっかけになりました。個人レベルでも実践していきたいという思いからAも入りました。みんなさんのブログから学ばせてもらってます!

 次は大井埠頭で赤が光っていたカイチさんでーす。

 まっち→
posted by E-Koto at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

りんこより 「食材は無駄なく」

あやちゃん、エコバトンありがとうございます♪

エコは省エネは、ライフスタイルそのもの?
無理ない範囲で細く長く続けるのが大事なのでしょうか。

とりあえずうちでは

・食材は無駄なく使う

お料理教室を開催してますが、そこで余った食材は
ありがたくおかずとして頂戴します、
それ以外にも、野菜の皮や切れはし魚や肉のアラなども
スープの元として立派に活躍中です♪

かんきつ類の皮はネットでくるんで冷蔵庫の消臭剤に!

マクロビの考え方では野菜は皮ごと煮たり焼いたり
ジュースにしたりして頂きます。
実際皮にに近いとこが一番おいしいのです、
けど心配なのは皮付近にあるという残留農薬。

うちでは農薬を除去できる「フードナノッシュ」
という溶剤(楽天などで入手可)を試してます。
ボールに水張って薬を入れ、野菜を数分漬けるだけですが
農薬、防腐剤や着色料ワックス等を落とすらしい。
安心な気がするし何より皮にある農薬の渋みやえぐみが一気
に減るのが解るので説得力あるかも!?
トマト、イチゴ、ブドウ、レモンなど、
皮ごと食べる食材にはうちでは今や欠かせません。

また、野菜果物は種類・栽培方法・原産地によって、
どの部分に残留農薬が溜まるのかが違ってきます。
本で勉強して安全で、かつ無駄なく食べれるよう、
適切な下処理をするように心がけてます。

あとは・・

・洗濯ものはなるべくまとめ洗い。

少量の洗濯物はお風呂で洗濯板(渋い?かな)
で洗いまーす。

・エコ洗剤

洗剤「エコベール」レモンの方は少量で落ちも良く、
食器に匂いが残らずまた手肌にも割と優しいので
気に入ってます。

そんなことです

さて次回は
期待のストイック新☆ はるちゃんへ

posted by E-Koto at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

アヤより エコは我慢じゃない!?

こんにちはアヤです。
 
みなさんにいろいろなエコ活動をご紹介いただいたので、私はエコ活動未遂談を書きたいと思います。

 みなさん、SOY INKをご存じですか?たぶんこのマークを見たことがあると思います。
soy.jpg


SOY INKはその名の通り、大豆を原料の一部に使ったインクで、エコな特徴は、
@揮発性有機化合物の発生を低減でき、大気にやさしい
ASOY INK使用紙はインクと紙とを分解させやすいので再生紙にしやすい
B大豆を使うので、その分石油などの化石燃料系の使用量を削減できる
などです。
本を作るには紙もインクもたくさん使います。なので、紙もインクも少しでも環境負荷が少ないものを選びたいところです。
以前出版社に勤めていたころ、ふとエコってみようと思った私は、印刷所さんに聞いてみました。
私「SOY INKってどんな感じですか? 他社さんで使っているとこありますか?」
印刷所さん「乾きが遅いから大変だよ。責了(印刷前の最終チェック終了)早くしてくれる?」
私「…普通のインクでお願いします…」

こんな感じで、ずっと私は「エコには不便・我慢がつきもの」と思っていたけれど、みなさんのブログを読んでエコ活動への印象が変わりました。私の中でエコな行動が「なかば義務」から「自主的な行動」に変わりました。
ありがとうございます!みなさんのおかげで私も今は楽しくエコできています☆
 以前の私のような「エコめんどくさい派」が少しでも減るように、これからもブログ繋いでくださいね。

 では次回は、E-koto ladies stoic メンバー!?りんこさん、お願いしまーす。

posted by E-Koto at 22:41| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。