2009年05月20日

カイチより 「シンプルなライフスタイル」

ロシアのデートクラブから会社宛にデートのお誘いメールが来て慌てている
シマダカイチ@Team Liberta NRです。

みなさまこんにちわ。

Ecoですか、ふむふむ。
寄稿させて頂くにあたって、皆様のご意見を読み直してみました。
08年の11月からリレーブログという形で
Ecoにまつわるショートストーリーをつないでいるんですね。

素晴らしいじゃないですか。
単なるレーシングクラブではない、E-koto lifeの趣旨をよく表していますね。

そこで、僕も自分の行動と指針を振り返ってみましたが、
残念ながら、僕には皆様に御紹介できるような事は一つもありません。
それどころか、心の奥底では、
なんだか「偽善的」じゃあないかなどと思っていたりもするのです。

結局は企業の経済活動の一助であったり、
国家的な利権確保の為に、森林保有国が歴史的に犠牲になっていたり。
Co2の排出規制なんかも、そもそも発展しきった国家のエゴじゃないかと思ったり。

綺麗ごと言ってるけど、結局のところ、
みんな最終的には快楽を優先させてるんじゃないのか?と。

そんな僕が考えていること。
せっかくの機会ですから、長文を失礼して、
しばらく皆様にお付き合い頂くことにしましょう。

僕が自転車競技を始める前、もちろんLibertaもなく、
E-kotoの皆様の人生とも交差していない期間、僕はサーフィンに熱中していました。
サーフィンが人に与える影響は絶大です。

僕がサーフをしていた数年間、様々な美しい体験、恐ろしい体験をしました。
死を自分のすぐ側に感じることで、逆に生きることに感謝をしたり、
誰もいない冬に、波に揺られながら、燃えるような朝日をながめたり。

そういった体験を続けているうちに、多くの人がそうであるように、
僕もまたシンプルなライフスタイル、
自然と対峙するのではなく、その一部分になることを自然に求めていきました。
経済(物質)至上主義、マスメディア、広告媒体との決別。
生活と意識はよりシンプルに、そしてゆったりとしていきました。

TVを見ることをやめ、外食を避け、食事を作り、野菜を中心とした食事を取るように。


下らない流行、大量消費的な生活に対する嫌悪感が増していました。

そんな頃、ちょうどフィットしていたのが、皆様ご存知のジャック・ジョンソンです。


01年「Brushfire Fairytales」03年「On and On 」にて成功を決定付けた彼は、
瞬く間に世界中をギター1本で温かく変えていきました。
声高にではなく、あくまで静かに。

Calm and Chillingね。


そんな彼が、消費社会や物質主義について歌った曲を御紹介したいと思います。
この曲が一番、彼の主張をストレートに表現していると思います。

曲は「Gone」ジャック・ジョンソンです。
http://www.youtube.com/watch?v=63XFJnk-Nzk

 And cars and phones and diamond rings
 Bling, bling
 Those are only removable things
 And what about your mind
 Does it shine?

車とか携帯とか、ダイヤの指輪とかさ、
キラキラと豪華なもんだよね。
でもこれって、結局どっかいっちゃう物じゃんか。
それに比べてさ、君たちの心はちゃんと輝いてるのかな?

僕がEcoについて言えるのは、こんなどうでもいい話。
読んでくれた人の一人でも、今日の夕食時にTVを消して、
音楽に耳を傾け、親しい友人や家族との時間を過ごしてくれたら嬉しいです。
(ちょっと良いビオワインの赤なんかを飲みながらね)

ちなみに最新アルバム「Sleep Through the Static」は
彼のプライベートスタジオ(ハウス)にて、全て太陽光発電で電力をまかなって
制作されました。
ジャケットなんかも全てEco対応だったはず。

Ecoフレンドリーな観点から購入物を決める人にはもってこいですねw

次回は・・・ガッチュサンにお任せします〜
posted by E-Koto at 23:01| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ECOというものは、どれだけ地球と自分を同じものに観れるかなんじゃないかとbillは思ってます。
そう考えるとカイチさんの「自然との共生」や「消費社会からの脱却」は凄くECOじゃないかと思います。
Posted by bill at 2009年05月28日 17:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

逆.えんで37マ.ン稼げたwww
Excerpt: ツレがもうかったっていってたから試してみたらマジでナマでハメまくってるだけで37マ.ンもらったw しかも中.出しが当たり前だしwww ⇒ sersai.com
Weblog: マ.ラ太郎
Tracked: 2009-05-23 22:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。